ーIoTってなんだろう?ー

農園の紹介で、IoTに力を入れていることを
ざっくりとお話ししました。
では、具体的にどんな方法で
IoTによる作業の自動化をしているのか?
​そんなことをもう少しお話ししたいと思います!

 

①IoTにまず必要なのは、
「プログラミング」を習得することから。
パソコン上で言語を学習し、どんな信号を送れば
装置が作動するのかを勉強します。

IMG_7465_edited.png

②プログラミングの方法がわかれば、
必要なパーツを買い、組み立てたり接続したりします。
​何が必要かというと・・


 

円2.png
円2.png
円2.png
円2.png
円2.png
円2.png

line.post()

def auto()

%E5%86%86_edited.png

◉温度センサー&
​強制通風筒

温度センサー_edited.png
%E5%86%86_edited.png

◉制御盤
​(換気と箱に収納必須)

IMG_7506.png
%E5%86%86_edited.png

◉Wi-Fiルーター

IMG_7504.png
%E5%86%86_edited.png
%E5%86%86_edited.png

・・・などです。これらのパーツも
「どんな部品が必要か」、
「接続の仕方はどうすればいいか」などを
​調べながら取り付けていきます。


 

③接続環境が整えば、実際に設定をします。
設定温度以上になれば巻き上げが開いたりします。
また、潅水のポンプも設定した時間で
装置が作動できるようにします。
その設定は「Googleスプレッドシート」を使っており
​携帯やパソコンからも操作が可能です。


 

巻き上げ.png
携帯.png
PC.png

​パソコンや携帯電話から
​信号を送ると・・

巻き上げが自動で
​開閉します♪

信号.png
吹き出し4.png

ウィィィ〜〜ン